Moments

オリジナル小説を書いてます しんみりする ちょろっとメルヘンチック な 3分程で読める軽めのお話がメインです

暖炉

キュウ少ししんみりするプチエピソード
冒頭の方などは色褪せたアルバムのような景色を想像していただくと
世界観にうまいことマッチングして バッチグーだと思います    ▼
小説
URL
http://ncode.syosetu.com/n2641ed/
小説
形態
3分短編
あらすじ暖炉の前にはいつもおばあちゃんがいました
娘は嬉しい時も悲しい時も決まっておばあちゃんのもとへ向かいました
だから、おばあちゃんがいなくなったあの日から
行き場所を無くしたような気がして・・・
編集後記どうも キュウです
あるエピソードの一部分を切り抜くような形で 3分短編にしています
このお話であれ別のお話であれ この背景や将来に何があるのか
皆さんの手で皆さんなりの物語を完成させてみてください( ̄^ ̄)ゞ

スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<心残りの路 | Moments | 手向けのガス灯>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Moments |